静岡県浜松市の行政書士/遺言・相続・遺産分割・離婚協議書・契約書・内容証明・公正証書・会社設立・許可申請(建設、産廃、風俗)は、あおぞら法務事務所へ

飲食店営業

飲食店営業 の 許可

「飲食店を開業したい!」とお考えの方は、食品衛生法に基づき保健所を窓口とした営業許可の申請手続きが必要です。どんなものをお客さんに提供するかで、下記のとおり許可区分が異なりますが、喫茶店営業に該当するケースは、世の中ではあまり存在しません。

飲食店営業の許可区分

なお、キャバクラ、接待を伴うスナック、照明が暗いバーなどは、警察署を窓口として風俗営業の許可の申請手続きが併せて必要とになります。(風俗営業のページをご覧ください)

また、深夜0時以降もお酒を提供する場合は、警察署を窓口として深夜酒類提供飲食店営業の届出もしなければなりません。(深夜酒類提供のページをご覧ください)


1.主な許可要件

 【要件1】 営業施設基準に適合している

「営業施設の構造」「食品などの取扱設備」「給水及び廃棄物処理の設備」等について、細かな基準が設けられています。カンタンにいえば、営業しようとする店舗は、清潔で衛生的でなければならないという基準のことで、各都道府県の条例により若干異なります。


 【要件2】 食品衛生責任者を店舗ごとに設置している

食品衛生の自主管理を目的として「食品衛生責任者」の設置を義務付けており、その役割は、従業員の衛生教育、施設の管理、食品取扱設備の管理などがあります。
調理師などの資格保有者を除き、1日計6時間程度の講習会を受講することで、食品衛生責任者となることができます。



 【要件3】 欠格事由に該当しない

欠格事由は、法律に詳細に定められていますが、カンタンにいえば、過去に食品衛生法などに違反して処罰を受けたり、営業許可を取り消されたりしてから2年経過していない者は、営業者として不適切ということで、許可が得られません。


2.許可の有効期間

   5 年 (5年毎に更新申請が必要です)


3.申請手数料

飲食店申請手数料

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional