静岡県浜松市の行政書士/遺言・相続・遺産分割・離婚協議書・契約書・内容証明・公正証書・会社設立・許可申請(建設、産廃、風俗)は、あおぞら法務事務所へ

株式会社

株式会社

株式会社とは、事業に必要な資金を出してもらい、その出資の見返りとして株主となる権利(株式)を与える法人をいいます。
    

株主は、会社に利益が出ると株式数に応じた配当を受けられるほか、経営に関わる多くの権利(役員選任、決算書承認など)が認められています。

現在は、資本金1円から株式会社の設立ができ、役員も取締役1名で足りることから、私たちの身近でも株式会社が広く普及しています。


1.株式会社のメリット・デメリット

メリット(利点)

 ・認知度が高く、社会的な信用を得られる

 ・責任の範囲は、出資の範囲内に限られる

 ・税金面で個人事業より有利なことが多い

 ・経費の認められる範囲が広い


デメリット(欠点)

 ・設立に約20~24万円の費用がかかる

 ・役員には、任期がある

 ・決算の報告義務がある

 ・社会保険(労働保険)の手続が必要



2.株式会社の定款

定款とは、会社の組織や活動に関する根本的な決まりで、よく「会社の憲法」と例えられます。会社は、この定款に従って事業を行うことになり、定款の作成は会社設立の大切な第一歩です。

① 絶対的記載事項

必ず定款に書かなければならない事項で、これらを欠いた定款では会社の設立はできません。
(1) 目的 何をするのか?
(2) 商号 名称は何なのか?
(3) 本店の所在地  本店はどこなのか?
(4) 設立に際して出資される財産の価額またはその最低額   設立時の財産はいくらか?
(5) 発起人の氏名または名称及び住所  設立を企画する人はどこの誰なのか?
(6) 発行可能株式総数  発行できる株式のトータルの数は?
※(6)は、会社成立までに発起人の全員の同意により定款を変更して定めを設ければ足ります。

② 相対的記載事項

常に必要ではありませんが、会社が次の事項を定めるには、必ず定款に書き、これにより初めてその効力が発生する事項をいいます。
(1)現物出資などに関する事項 金銭以外の財産で出資する場合
(2)株式の譲渡制限に関する規定 株式の売買などするときには会社の承認を要件とする場合
(3)役員の任期延長に関する規定 取締役などの任期を10年まで延長する場合     など  

③ 任意的記載事項

定款に定めるかどうかは会社の自由で、あえて定款で書いておきたい事項をいいます。
(1)事業年度
(2)役員の数
(3)公告する方法
(4)定時株主総会の開催時期    など


3.申請手数料など(典型例)

                電子定款の場合         紙の定款の場合

収入印紙¥0¥40,000
定款の認証¥50,000¥50,000
登録免許税¥150,000¥150,000
合  計¥200,000¥240,000

★ 当事務所では、電子定款に対応しているため、収入印紙代の4万円は不要となります。
※ 上記の金額は、申請するうえで公証人や法務局へ支払わなければならない法定の費用です。
※ 登記申請など法務局へ提出する書類は提携の司法書士へ委託しています。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional